家族信託で相続トラブルを解決

2月28日のクローズアップ現代「さらば遺産”争族”トラブル~家族で解決!最新対策~」にて、家族信託が取り上げられました。
現代の相続事情、昔のように長男が優先して家を相続するという風潮が崩れ、兄弟が平等に法定相続分を主張して対立することになる実情。
平均寿命が大幅に伸び、健康寿命との差が広がり、親の高齢化、物忘れが激しくなり、認知症になってしまうと財産を動かすことができなくなってしまう。
親が高齢になって再婚し、再婚した相手に財産を贈与するという遺言を残して、将来の相続がどうなるかわからない。
このような相続による争族トラブルを未然に防止するために、家族信託の仕組みは、とても有効です。

家族信託で財産管理・運用ができる

家族信託とは、家族が信託の受託者となる民事信託の仕組みです。
信託銀行など、多額の財産がある方が利用するような敷居の高いものではなく、家族の間で信託の契約を締結して、財産の管理を行います。
たとえば、親が持っている財産を、自分の子どもに託し、親のために生活費を支出したり、たとえば不動産を信託した場合は、リフォームや賃貸などで財産を有効活用することができます。
信託契約の内容は、ご家族ごとにそれぞれの実情にあわせてオーダーメイドで作成するため、今抱えている様々な問題点に柔軟に対処することができます。

家族信託のご相談は名古屋相続相談所へ

家族信託・民事信託に関するお問い合わせは、名古屋相続相談所へお気軽にご相談ください。
専門の司法書士、行政書士、税理士が、お客様の問題解決のためにサポートさせていただきます。
相続や財産、認知症のことで不安に感じていることなど、なんでもご相談ください。
家族信託のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日・夜間も営業しております。
相続のことは、名古屋相続相談所で不安を解消します。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411
(年中無休 朝9時〜夜8時)
(年中無休 24時間受付中!)

相続なら名古屋相続相談所へ

家族信託の関連ページ

遺言書と遺言代用信託(家族信託)