名古屋・愛知・岐阜・三重の相続・遺言の手続き無料相談

前妻の子は相続するか?

前妻の子供の相続権

被相続人が離婚して再婚した場合、別れた妻との間に子どもがいるときは、前妻の子は遺産相続に関係してくるのでしょうか?
別れた前の妻が、親権者として子供を引き取って育てている場合に、前妻の子に相続分があるのかどうかが問題となります。

相続権の問題として、

  • 再婚した妻
  • 別れた妻(前妻)
  • 再婚した妻の子
  • 前妻の子

それぞれについて、誰が相続人となり、相続分があるのかを確認してください。

妻子の相続権は?

相続関係から、被相続人の元妻と現在の妻、それぞれの子について、法定相続人と各々の相続分を見てみましょう。
たとえば、被相続人について、
再婚した妻との間に子供が二人いて、
前妻との間にも子供が二人いる場合のケースです。

再婚した妻の相続権

再婚した配偶者(被相続人の死亡時点での配偶者)については、相続権があり、法定相続人になります。
相続においては、配偶者は必ず相続人となり、このケースの場合は相続財産(遺産)の2分の1の権利があります。

前妻の相続権

離婚して別れた前妻については、相続権はありません。
婚姻関係が終了することで、相続人ではなくなります。

現妻の子の相続権

再婚後の妻との間にできた子供には、相続権があります。
被相続人の子として、法定相続人となります。

前妻の子の相続権

前妻との間にできた子供にも、相続権があります。
したがって、今回の遺産相続の手続きには関係してくることになります。
離婚して親権者ではなくなったとしても、血がつながった親子の縁が切れるわけではありません。
前妻の子の法定相続分は、再婚した現在の妻の子の相続分と変わりません。

子供それぞれの相続分割合

再婚した妻の子 A・B
前妻の子 C・D

とした場合の相続分の割合は、子供としての法定相続分2分の1を、4人で分けることになりますので、

1/2 × 1/4 = 1/8

つまり、子ども一人の法定相続分は、8分の1ということになります。

なお、上記のケースは、夫である男性側から見たケースになりますが、妻である女性側からみた再婚後の夫・別れた前夫との関係でも同じ結論になります。

前妻の子がいる場合の相続手続き

前妻の子も法定相続人となりますので、被相続人の相続財産を承継するためには、前妻の子も交えて遺産分割協議を行う必要があります。
生前、前妻の子との交流がほとんどなく、音信不通で連絡先もわからないという状態であれば、遺産分割協議がなかなか進まない可能性が高いといえます。

遺言書で相続の対策

遺産分割が難しそうであれば、遺言書での相続対策を考えたほうがよいでしょう。
遺言で遺産分割の方法を指定しておけば、前妻の子を含めた相続人全員で集まって遺産分割の話し合いを行わないでも、遺産の相続手続きを進めることができます。

前妻の子は遺留分がある

遺言書で財産の帰属を指定したとしても、前妻の子には、遺留分の権利があります。
たとえば、すべての財産を再婚後の妻やその子に相続させるという内容の遺言書を書いたとしても、前妻の子が遺留分減殺請求権を行使する可能性があります。
そのため、遺留分の減殺請求をされても対応できる状態にしておくか、あらかじめ遺留分を考慮した遺言書を作成するという方法もよいでしょう。
また、遺言の付言事項で、残される相続人に対してメッセージを伝えることも、状況によっては有効であると考えられます。

生前贈与での対策

相続対策としては、遺言書のほかに、生前に贈与で財産を移転するという方法も一つです。
遺言の場合は、被相続人が死亡したときに効力が発生しますが、生前贈与の場合は、贈与の契約をした時点で効力が発生します。

相続のお問い合わせ

相続のことでわからないこと、お困りのことがございましたら、名古屋相続相談所へお電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、期間はどのくらいかかるかなど、どんなことでもかまいません。
相続のこと、遺言のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日・夜間も営業しております。
相続のことは、名古屋相続相談所で不安を解消します。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411
(年中無休 朝9時〜夜8時)
(年中無休 24時間受付中!)

相続なら名古屋相続相談所へ

相続の関連ページ

相続の手続き

お気軽にお問い合わせください TEL 052-879-5411 年中無休 朝9時~夜8時

相続ならお任せください

相続ならお任せください

相続・遺言のことは
お気軽にご相談ください!


緑区:司法書士法人はらこ事務所 〒458-0804
名古屋市緑区亀ヶ洞1丁目707番地
アークヒルズ徳重1F
駐車場あり(2台分)

どんな相談ができるの?

相続の相談・手続きの一例をご紹介します。

  • 預貯金の相続手続き
    (ゆうちょ銀行やUFJ銀行など金融機関の残高証明取り寄せ、預金の解約・名義変更)
  • 不動産の相続手続き
    (土地・建物の相続登記)
  • 有価証券の相続手続き
    (証券会社の解約・名義変更)
  • 株式・投資信託の相続手続き
    (証券会社の解約名義変更)
  • 生命保険金の請求
    (死亡保険金の請求)
  • 相続税の相談
    (相続税・贈与税のご相談)
  • 相続税の試算
    (将来の相続税の試算と対策)
  • 準確定申告
    (被相続人の死亡時までの確定申告)
  • 相続税の申告
    (相続税の申告・特例など)
  • 相続放棄の申述
    (借金を相続しないため相続放棄申立て)
  • 遺言書の作成
    (公正証書や自筆による遺言の作成)
  • 後見の手続き
    (任意後見の契約書作成、成年後見の申立て)
  • 家族信託の手続き・民事信託の相談
    (信託契約書の作成)

対象地域

名古屋あんしん相続相談センターの相談対象エリアは、以下の地域です。
【名古屋市内全域】
名古屋市緑区,天白区,瑞穂区,昭和区,千種区,熱田区,守山区,名東区,中川区,名古屋市中区,中村区,名古屋市西区,名古屋市北区,名古屋市東区,名古屋市港区,名古屋市南区

【名古屋の近郊】
愛知県愛知郡東郷町,豊明市,みよし市,日進市,大府市,東海市,知多市,刈谷市,知立市,豊田市,長久手市,安城市,岡崎市,東浦町,半田市ほか
【愛知県、岐阜県、三重県】
愛知・岐阜・三重にお住いの方であれば、幅広くご相談を受け付けています。 また、東海地方にお住いでなくても、実家が名古屋エリアにあったり、相続財産が愛知県内にあるなど、東海エリアに関連する方でもご対応可能です。
ご相談お待ちしております。
PAGETOP