相続税に関する基礎知識

相続税は、亡くなった人の財産を相続した人が払わなければならない税金です。
遺言や契約によって、相続人ではない人が財産を受け継ぐ時でも相続税の対象となります。
相続税を支払う時には基礎控除を引いて、相続財産が決められた金額に達してしなければ、税金を支払わなくてよいことになります。
なお、2015年1月1日から相続税が増税されて基礎控除が変更されたため、これまでは相続税とは縁のなかった人でも相続税がかかるようになるというケースが増えています。

相続税の期限は10か月以内

相続税を申告する期限は、被相続人が亡くなったことを知った日の翌日から10か月以内に申告しなければなりません。
また、この期限が土曜日や日曜日の週末だったり、祝日に当たるときには次の日が期限となります。

相続税の基礎控除が改正

相続税の基礎控除について、2015年1月1日から法律が改定されて、基礎控除額が3000万円+600万円×法定相続人の数になりました。
相続税の基礎控除額を計算してから、相続財産の課税価格がその金額におさまる人については相続税がかかることはなく申告もいりません。

また、相続税が基礎控除を超える場合でも、被相続人の配偶者が財産を相続する場合には、配偶者の税額軽減という特例のおかげで、一般家庭の配偶者は特殊な事情が無い限り相続税がかからないというケースがほとんどです。

相続税の特例

相続税については、さまざまな特例があります。
この特例の適用を受けるためには、条件として相続税の申告をしなければならず、税務署に対して申告しなければ適用できません。
たとえば、小規模宅地等の特例や広大地の評価など、申告すれば評価額の減額を受ける事ができます。詳細については、名古屋相続相談所の税理士にご相談ください。

相続税のまとめ

以前は相続税がかかるのはお金持ちの家だけで、一般の人のほとんどは相続税がかからず、相続税を払っていませんでした。
しかし、平成27年に基礎控除金額が改正されてからは、相続税の支払いが身近になる人が増えています。
相続の準確定申告を含めて、相続に関する税金に関しては、早めに対策をとって手続きを行うことが重要です。

相続税のお問い合わせ

相続のことでわからないこと、お困りのことがございましたら、名古屋相続相談所へお電話またはメールでお気軽にご相談ください。
相続税に強い名古屋相続相談所の税理士がサポートいたします。
手続きの費用のこと、期間はどのくらいかかるかなど、どんなことでもかまいません。
相続のこと、遺言のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
相続のことは、名古屋相続相談所で不安を解消します。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411
(年中無休 朝9時〜夜8時)
(年中無休 24時間受付中!)

相続税なら名古屋相続相談所へ

相続税の関連ページ

相続税とは

孫への相続税の2割加算