法定相続分と遺留分

相続という言葉を最近よく聞くようになり、
今まで行ったこともない『 法務局 』へ相談に
行かれたという方もいるのではないでしょうか。

その中で、“ 遺留分 ”という言葉もちらっと聞いたことがあるかと思います。

 遺 留 分 と は ?

遺留分とは、民法によって保障されている
“ 一定の法定相続人が相続できる最低限度の財産 ” のこと。

民法第1028条によって次のように定められています

兄弟姉妹以外の相続人は、遺留分として次の各号に掲げる区分に応じて
それぞれ当該各号に定める割合に相当する額を受ける。
一 直系尊属のみが相続人である場合 被相続人の財産の三分の一
二 前号に掲げる場合以外の場合 被相続人の財産の二分の一

遺言書があったら

被相続人(亡くなった方のことです)は遺言書を作成して、
自身の財産を自由に分配することができます。

そして、遺言書の内容は被相続人の意思として、
法定相続分(民法によって定められた遺産の取り分)よりも遺言書の内容が優先されます。

そうなると・・・
「全財産を△△に相続させる!!」などと言った内容を遺言書に書いていた場合、
それが優先されてしまうことになります。

法定相続分を受け取れるはずだった法定相続人
(法律の規定によって相続人となる人のこと)は、
遺産を全く受け取れなくなってしまいます。

そのため、民法では遺留分を定めて、
最低限度相続することができる財産の保障をしているというわけです。

ちなみに遺留分が保障されている法定相続人は、
被相続人の配偶者・子・親です。
法定相続分は、兄弟姉妹にもありますが、
遺留分はありませんのでご注意ください。
(担当:今中)

相談に対応する司法書士

相続のご相談は当事務所へおまかせください

相続の不安・相続の相談は名古屋相続相談所へ

相続の不安・相続に関するお悩みは、名古屋相続相談所におまかせください。
ご相談の際は、名古屋相続相談所のフリーダイヤルまで、お気軽にご予約ください。
メールの場合は、名古屋相続相談所メールフォームへお問い合わせください。
(担当者が不在にしている場合もございますので、あらかじめご予約いただければ幸いです。)
相続のことは、だれにでも訪れることではありますが、何度もあることではないため、どこに相談すればいいかわからない、という方がほとんどです。
名古屋相続相談所では、相続に関するお悩みに対し、親身になって対応しております。
相続の各専門家のご紹介も行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0120-889-719

名古屋相続相談所までお気軽にご連絡お待ちしております。

わからないこと、お困りのことがございましたら、
お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでも構いません。
○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、
親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずに何でも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
名古屋駅から徒歩5分。お仕事やお買い物のついでにご利用ください。
お問い合わせ、お待ちしております。

相談専用ダイヤル☎ 0120-889-719

                            052-890-5415

 

(年中無休 朝9時~夜8時)