名古屋・愛知・岐阜・三重の相続・遺言の手続き無料相談

相続放棄と遺産分割協議の比較

相続放棄をしないと借金の放棄はできない

相続放棄とは、亡くなったご家族の権利や義務を、相続人が一切引き継がないとする手続きです。
人が死亡して相続するものは、預貯金などの財産や権利だけではなく、借金の返済などの義務についても、すべて引き継ぐことになります。
そこで、借金を相続したくない場合は、相続放棄をする必要があります。
相続放棄は、相続があることを知ってから、3か月以内に家庭裁判所で申し立てをする方法により行います。

相続放棄と遺産分割の違い

相続人の皆さんでの話し合い、いわゆる遺産分割協議で自分は相続しないことに決まれば、それで相続放棄をしたことになるのではないか、と思われるかもしれませんが、これは正式な相続放棄ではありません。

遺産分割協議の効力は、相続人の間では有効に認められますが、相続人以外の債権者などには効力が及ばないので注意が必要です。

これに対し、裁判所で行う相続放棄の申し立ては、裁判所によって審判がされるため、相続人以外の第三者に対してもその効力が認められることになります。

遺産分割協議で借金放棄しても無効?

つまり、遺産分割協議で「借金は全額、長男が相続する」という内容で相続人全員が合意したとしても、相続人でない債権者にはその効力は及びません。

この場合に、たとえば貸金業者が次男に対し、「亡くなったお父さんの借金、あなたの相続分を支払ってください」と催促した場合、裁判所で相続放棄の手続きをしていなければ「長男が全部相続したので…」という理由で、借金を拒むことはできないのです。

相続放棄以外の方法

借金を支払わないために、一番確実な方法は、相続放棄であることは間違いありません。
もし、何らかの事情があって、相続放棄を行う以外で、長男のみが借金を全額相続して、次男が借金の支払いを免れるためには、遺産分割協議のほかに、債権者の同意を得る必要があります。
しかし、債権者としては、借金の免責の手続きに同意してもらうということはあまり期待できず、ハードルが高いでしょう。

借金や負債があったり、知人の連帯保証をしていたりする場合は、まずは第一に相続放棄を検討してみてください。

遺産分割協議書に安易にハンコを押さないように

このように、遺産分割協議書の内容で、自分は借金も財産も相続しないという内容で合意したとしても、
借金については、債権者が認めなければその支払い義務を免れることはできません。

その結果、何も財産を相続していないのに借金は支払わなければならない、という事にもなり兼ねないのです。

亡くなったご家族に借金があるような場合は特に注意し、安易にハンコを押さないことが重要です。
借金を相続したくない場合は、相続放棄を検討してください。

相続放棄のお問い合わせ

相続放棄や借金のことでわからないこと、お困りのことがございましたら、名古屋相続相談所へお電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、期間はどのくらいかかるかなど、どんなことでもかまいません。
相続のこと、遺言のことで相談したい、というだけでも結構です。
bn_tel_o.jpg2

お問い合わせいただいたご相談につきましては、親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずになんでも聞いてください。
相談無料、土日・夜間も営業しております。
相続のことは、名古屋相続相談所で不安を解消します。
お問い合わせ、お待ちしております。

TEL 052-879-5411
(年中無休 朝9時〜夜8時)
(年中無休 24時間受付中!)

名古屋の相続なら名古屋相続相談所へ

相続放棄の関連ページ

相続放棄の注意事項

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-889-719 年中無休 朝9時~夜8時

相続ならお任せください

相続ならお任せください

相続・遺言のことは
お気軽にご相談ください!


緑区:司法書士法人はらこ事務所 〒458-0804
名古屋市緑区亀ヶ洞1丁目707番地
アークヒルズ徳重1F
駐車場あり(2台分)

どんな相談ができるの?

相続の相談・手続きの一例をご紹介します。

  • 預貯金の相続手続き
    (ゆうちょ銀行やUFJ銀行など金融機関の残高証明取り寄せ、預金の解約・名義変更)
  • 不動産の相続手続き
    (土地・建物の相続登記)
  • 有価証券の相続手続き
    (証券会社の解約・名義変更)
  • 株式・投資信託の相続手続き
    (証券会社の解約名義変更)
  • 生命保険金の請求
    (死亡保険金の請求)
  • 相続税の相談
    (相続税・贈与税のご相談)
  • 相続税の試算
    (将来の相続税の試算と対策)
  • 準確定申告
    (被相続人の死亡時までの確定申告)
  • 相続税の申告
    (相続税の申告・特例など)
  • 相続放棄の申述
    (借金を相続しないため相続放棄申立て)
  • 遺言書の作成
    (公正証書や自筆による遺言の作成)
  • 後見の手続き
    (任意後見の契約書作成、成年後見の申立て)
  • 家族信託の手続き・民事信託の相談
    (信託契約書の作成)

対象地域

名古屋あんしん相続相談センターの相談対象エリアは、以下の地域です。
【名古屋市内全域】
名古屋市緑区,天白区,瑞穂区,昭和区,千種区,熱田区,守山区,名東区,中川区,名古屋市中区,中村区,名古屋市西区,名古屋市北区,名古屋市東区,名古屋市港区,名古屋市南区

【名古屋の近郊】
愛知県愛知郡東郷町,豊明市,みよし市,日進市,大府市,東海市,知多市,刈谷市,知立市,豊田市,長久手市,安城市,岡崎市,東浦町,半田市ほか
【愛知県、岐阜県、三重県】
愛知・岐阜・三重にお住いの方であれば、幅広くご相談を受け付けています。 また、東海地方にお住いでなくても、実家が名古屋エリアにあったり、相続財産が愛知県内にあるなど、東海エリアに関連する方でもご対応可能です。
ご相談お待ちしております。
PAGETOP