相続財産にならないものを考える

今回は、相続財産とは何かについてお話させていただきたいと思います。
人の権利義務は、出生とともに始まり、死亡によって終了し、死亡後には、相続が始まります。
相続財産は、死亡とともに相続人の共有財産になります。
何が、相続財産になるかは、「何が相続財産にならないか」を考えればわかりやすくなります。

(相続の一般的効力)
第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、①被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。

(祭祀に関する権利の承継)
第八百九十七条 ②系譜、祭具及び墳墓の所有権は、前条の規定にかかわらず、慣習に従って祖先の祭祀を主宰すべき者が承継する。ただし、被相続人の指定に従って祖先の祭祀を主宰すべき者があるときは、その者が承継する。

相続財産とは、①被相続人の一身に専属したもの②系譜、祭具及び墳墓の所有権を除く一切の物をいいます。

なお、信託財産は、被相続人の財産と切り離されますから、被相続人の相続財産にはなりません。

一身専属権とは

一身専属権とは、以下のものが考えられます。

(一身専属権)

    1. 民法の条文のあるもの
      • 使用貸借契約における借主の地位
      • 代理における本人・代理人の地位
      • 雇用契約における使用者・被用者の地位
      • 委任契約における委任者・受任者の地位
      • 組合契約における組合員の地位
    1. 明文規定はないが、法律解釈上そのように考えられるもの
      • 代替性のない債務(有名画家が絵を描く債務など)
      • 親権者の地位
      • 扶養請求権者の地位
      • 生活保護給付の受給者の地位
        公営住宅の債権(平成2年10月18日最高裁判決:一定の条件を満たせ
        ば、同居者は住み続けることができる。)
      • 運転免許証、健康保険証など

上記のように、明文規定がない場合、公営住宅の債権の場合は、迷うと
ころでありますが、生活保護給付の受給者の地位や運転免許証の相続など
はないだろうと見当がつくものと考えられます。

相続財産のまとめ

繰り返しになりますが、相続財産とは、①被相続人の一身に専属したもの②系譜、祭具及び墳墓の所有権を除く一切の物をいいます。

つまり、上記以外のすべての財産(プラスの財産だけではなくマイナスの財産)、地位が、相続財産として相続の対象となると考えることができます。
(担当:平石)

相続の相談を担当する司法書士

相続のご相談は当事務所におまかせください

相続の不安・相続の相談は名古屋相続相談所へ

相続の不安・相続に関するお悩みは、名古屋相続相談所におまかせください。
ご相談の際は、名古屋相続相談所のフリーダイヤルまで、お気軽にご予約ください。
メールの場合は、名古屋相続相談所メールフォームへお問い合わせください。
(担当者が不在にしている場合もございますので、あらかじめご予約いただければ幸いです。)
相続のことは、だれにでも訪れることではありますが、何度もあることではないため、どこに相談すればいいかわからない、という方がほとんどです。
名古屋相続相談所では、相続に関するお悩みに対し、親身になって対応しております。
相続の各専門家のご紹介も行っておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

フリーダイヤル 0120-889-719

名古屋相続相談所までお気軽にご連絡お待ちしております。

わからないこと、お困りのことがございましたら、
お電話またはメールでお気軽にご相談ください。
手続きの費用のこと、どのくらい日数がかかるのかなど、どんなことでも構いません。
○○のことで相談したい、というだけでも結構です。
お問い合わせいただいたご相談につきましては、
親身に、丁寧にご対応させていただきますので、遠慮せずに何でも聞いてください。
相談無料、土日祝日・夜間も営業しております。
名古屋駅から徒歩5分。お仕事やお買い物のついでにご利用ください。
お問い合わせ、お待ちしております。

相談専用ダイヤル☎ 0120-889-719

                            052-890-5415

 

(年中無休 朝9時~夜8時)